事故車の見分け方のポイント

中古車を購入するときには、後々のトラブルなどを避けるためにも
事故車は避けたいものです。しかし中には悪質な会社があって、
事故車であることを隠していることもあります。そこで事故車を
見分ける時、特に見るべきポイントについて検討してみたいと
思います。

 

ボルトを確認

 

車のパネルと呼ばれる部分は、ボルトによって止められています。
これを逆に言うと、このボルトの交換が行われているということは、その部分が修理されているという
ことになります。事故車でなくても修理をしている可能性はありますが、そのような修復歴をきちんと
記録してあるかどうか?という点も、その中古車ディーラーが信頼できるかどうかにかかわります。

 

ただ普通に考えると、修理を隠すということは考えられないので、
事故車である可能性が高いです。

 

塗装を確認

修理交換しそうなところの塗装の有無を確認することができます。
何かを付け外しをする時には塗装がはがれてしまう可能性が高いのです。
修理した後から塗装をし直す場合もありますが、そのようなときでも左右の塗装を比べることで、
塗装をしたかどうかについて知ることができます。

 

パネルを確認

 

トランクのパネルには隙間があります。普通の中古車の場合はこの隙間の大きさが
左右均等になっています。しかし、事故車の場合はゆがんでいたりものです。
目視ではわからないほどのゆがみかもしれませんので、しっかりとその隙間に入るもの、
あるいは爪などで確認をしましょう。

 

ナンバープレートを確認

 

ナンバープレートも事故の影響を受けやすい場所です。
まず目視してわかるくらいナンバープレートが曲がっていたり、
板金をした形跡がある場合は、事故車の可能性が非常に高いです。
ナンバープレートをはずした跡などについても、しっかりと確認するようにしましょう。

 

ドアの縁であるシーラーを確認

これはドアの防水加工です。側面からの衝撃に対してドアを交換などをした場合には、
シーラーの形状が変わります。左右の扉でシーラーが違う場合には注意です。
この場合は明らかにドアの交換を要する事故にあっている車であるということがいえます。
前後、左右としっかりと確認しましょう。

 

中古車を購入する上では、しっかりと確認したいポイントがいくつかあります。
これを知っているのと知らないのでは、大きな違いが出てきます。
あらかじめ知識をつけて、気持ちのよい中古車を購入しましょう。