事故車の流通経路【海外編】部品か車両か

事故車のオークションの出現で、事故車でも売れる時代になりました。
そんなオークションで売れた車はどのようにして、転売されるのでしょうか?
それは海外のマーケットに出されるのです。そのことについて詳しく見ていきましょう。

 

海外に出される理由

 

国内では事故車というのは、とても嫌がられます。そのためにほとんど価値のないものとして
見られるのです。つまりオークションを通して買ったとしても、あまり儲けにはつながらない、ほ
とんどお金にはならないのです。そのために国内では事故車はあまり流通していません。

 

海外では日本車はブランド

 

海外では日本車にはとても人気があります。特に発展途上国の国からすると
日本の車を持っているということは、ブランドを持っているようなものなのです。

 

しかし新車はとても高くて手を出せないという人でも、事故車ならば安価で手に入れられるのです。
事故車であったとしても、日本車を手に入れたいという人が多く、需要が高いために人気のある
車となっています。

 

車だけではなく部品も人気

 

人気があるのは車だけではありません。その部品もとても人気なのです。
車の部品、特にバンパー部などの変なところを盗られたという人もいると思いますが、
そのような変なパーツでも大変人気となっています。事故車で車を修理できない
状態であったとしても、パーツを取ってお金にするという人もいます。

 

海外ではボロボロの車でも走っている

 

海外では日本とは基準が違います。
そのために日本では到底走れない、車検に通らないような車でも平気で走っています。
フロントガラスが割れている車などもあるのです。そのために事故車もそのままでも
売れる可能性もあるのです。海外のバイヤーが事故車オークションで活躍して
いるというのも納得できます。

 

海外のマーケットがもたらすメリット

 

このように事故車の海外市場の拡大により、日本でもメリットが起こっています。
今までは廃車しか道がなかった車も、今では買値までがつくということもあるのです。

ほとんどの車が売りに出すことができるのです。国内だけのマーケットではこのような
現象は起こらなかったことでしょう。しかし海外のマーケットの出現によって、
日本の車の利用者にも車のリサイクル方法がもっと広がったのです。
捨てるお金が節約できる度ころか、買値までつく時代になりました。