事故車の流通経路【事故車オークション】

昔は考えられなかったことかも知れませんが、事故車でも買い取ってもらえる時代になりました。
その背景には、事故車の流通経路である事故車オークションの発達があります。
そこでここでは事故車のオークションについて詳しく調べていきましょう。

 

修理して販売

 

状態がいいものは、少し修理をするなどの手を加えて中古車の修復歴車として販売されます。
ただし基本的に事故車は国内ではほとんど価値がないとみなされています。
オークション市場でもとても安価で取引が行われています。
そのために事故車が国内で流通するということは、あまりありません。

 

海外へ転売

 

事故車の多くが、オークションでせりにかけられて海外へと輸出されるのが現状です。
日本では価値が激減してしまうので、大抵は海外で売られるのです。
海外、特に発展途上国では日本車は最高級のブランドと栄ます。
そのために事故車であっても人気が高く、高値で取引されるために、
事故車オークションでは海外のバイヤーが多く活躍しています。

 

パーツを使用

 

国内では価値があまりないので、パーツ取りをすることが多いです。
車体をそのまま活用することはできなくてもパーツだけなら使えるという例もあるからです。
パーツならば、国内で転用することも割と簡単ですし、需要が大きくなります。
そこでパーツを事故車から使用することもあります。

 

海外でもパーツは人気

 

事故車のオークションでは海外のバイヤーがとても多いと、上記でのべましたが、
特に海外では日本車のパーツは車体の時と同様人気があります。

 

そのために事故車でもう乗れないであろうと予想されるものでも、
買値がつく事故車もあるのです。日本車のパーツには価値があるので、
どこのパーツでもほとんどの場合は、利用することができるのです。

 

事故車オークションについて

 

事故車の流通経路については、以上のようなものがあります。
事故車であったとしても十分に利用価値があることがわかります。

 

それに加えて国内では事故車はあまり価値を持たないものとして見られていることがわかります。
中古車市場ではあまり出回っていないか、または修復歴車ではないものとして売られている
ことが多いのです。そこでしっかりと事故車については調べて購入する必要があるのです。

 

事故車オークションというものがあり、そのために事故車でも流通経路が
あるということを覚えておきましょう。