事故車の流通経路【部品取り】国内リサイクル

事故車は価値がないとみなされていた時代もありました。
しかし時代が変わって物を大事にするようになりました。
ものをリサイクルして使う時代にもなりました。
そのために車もリサイクルをして使う時代になりました。

 

そのためにいくら事故車といっても、使えるところは徹底的に利用するようになりました。
そこでここでは、事故車の流通経路として、国内での部品取りという点で検討して見ましょう。

 

部品取りとは?

 

故障・破損・事故などにより機能不全となって価値を失った、用途がなく使用されない車を、
部品の供給源とすることです。車は基本的にたくさんのパーツを組み立てて、
1つの製品に仕上げていくものです。そのために保守部品だけを取り上げていくのです。
このような車のことを、部品取り車と呼びます。

 

どのような部品を取る?

 

事故車であれば、そこまでの大きな破損がないのであれば修復歴車として売られるはずです。
しかし部品取り車になるということは、それだけの破損を受けているものであると考えられます。
そこでそのような車は、壊れていない部分の部品をとっていきます。
まだまだリサイクルして使える部品を取っていきます。

 

部品取り車のメリット

 

部品取り車のメリットとしては、事故車は国内ではほとん価値がありません。
そのために国内では流通が非常に難しいとされています。
しかし部品だけの需要はとても高いのです。

 

そのために部品だけであれば、売れるという可能性も秘めています。
そこで部品取り車のメリットとしては需要が高いというところにあります。

 

事故車でもあきらめない

 

事故車だから廃車にするしかないと思う人もいることでしょう。
しかし廃車にするのにもお金がかかるのが現代社会です。
捨てるものに対してお金を払うのはもったいないと思うことでしょう。
しかし事故車だからといって必ずしも廃車にしなければいけないのではありません。
部品取りという方法があるのです。

 

この方法ならば多くの場合、廃車代もうき、少しは買取値がつく場合もあります。

 

部品取り車で安価に

 

自分の車を修理する際にも、部品取り車から取った部品を使って修理をするのであれば、
部品代が非常に安くなるということを知っていましたか?

 

特にこだわりなどがないのであれば、部品取り車からの部品を利用すると修理代も安くすみます。